草むしりは意外と危険?!
かぶれを起こしやすい植物
草むしりでかぶれたときは!
草むしりで出たかぶれを早くきれいに治す

草むしりでかぶれないために業者に依頼

草むしりが原因でかぶれが起きる

草むしりをしたときに、急に体が痒くなったりくしゃみがとまらなくなったりする場合があります。何故起こるのか見てみましょう。

草むしり中に現れるかゆみや赤みはアレルギーかも

植物

「草アレルギー」は、体の一部が草に接触することで起こります。アレルギー反応は、外部からの刺激に対し体の免疫系が異常に反応して引き起こされるので、身近にある草もその対象物になります。草むしりで皮膚症状や鼻水、鼻詰まり目のかゆみや喘息が見られたら気を付けましょう。

心配な場合は業者に草むしりを依頼しよう


アレルギーで草むしりができない場合はどうしたら良いですか?
その場合、専門業者に草刈りや草むしりを依頼すると安心です。草刈りの際に気になるのは、草アレルギーだけではありません。害虫がいれば刺される危険性もあるからです。広い庭であれば、その分手入れも大変になります。草アレルギーを持っていたり肌が弱かったりすると、様々な症状が出てくるため、業者に草刈りや草むしりを依頼しましょう。業者は植物と害虫の知識が豊富なので、迅速・確実に作業を行なってくれます。

かぶれは「急性皮膚疾患」の一つ

なぜ雑草などの植物に触れるとかぶれるのでしょうか。多くの種類がある植物はそれぞれが異なる特徴を持っており、中には人間に害を及ぼすものもあります。どのようにかぶれが起こるのかもう少し細かく見てみましょう。

かぶれの原因

先程も少し触れましたが、草アレルギーでかぶれを起こす人は、植物に対するアレルギー体質を持っています。しかし中には、草アレルギーではないけれど、かぶれるというケースもあります。その場合は、皮膚炎や健康被害をもたらす成分を植物が持っていることが考えられます。触れると痒くなる植物の汁などがそうですが、触ると皮膚が切れてしまう細い植物なども注意が必要です。特にかぶれを引き起こす植物として、ヤマウルシやハゼノキ、ハナウド、ミヤマオダマキなどがよく知られています。

アレルギー性接触皮膚炎に分類される

泣きそうなくらい痒かった!(32歳/保育士)

草が伸び放題の環境は子供たちの衛生面に良くないので、保育園では定期的に職員が草むしりをしたり、業者に依頼したりしています。先日、いつものように草むしりを行なっていたのですが、15分程してかゆみを感じ作業を中断しました。何だろうと見ると腕がかぶれていたのです。夜になっても症状が引かなかったので、病院に行った結果、草アレルギーと言われびっくりしました。塗り薬をもらい症状は治まりましたが、とても痒かったです。

日常生活に多いアレルギー性接触皮膚炎は、時計や貴金属、化粧品や香水、毛染めや革製品、湿布薬に外用薬によるものです。以前は平気だったにも関わらず、あるときからアレルギー反応が起こり始める原因は、何度も接触する内に免疫系がその物質に過剰に反応するようになるからだとされています。草むしりなどで身近な植物に何度も触れている内に起こることは珍しくありません。アレルギー性接触皮膚炎は様々な物質で起こるため注意が必要です。症状がひどい場合はすぐに病院を受診するなど、早めに対処2することをオススメします。また草むしりでは草アレルギーでかぶれるだけでなく、害虫に刺されて起こるアレルギーもあるので、気を付けなければなりません。安全・確実に庭の草むしりを行ないたい場合は業者に依頼した方が良いでしょう。

TOPボタン