草むしりは意外と危険?!
かぶれを起こしやすい植物
草むしりでかぶれたときは!
草むしりで出たかぶれを早くきれいに治す

草むしりで出たかぶれを効果的に治すには

冷やしたり薬を塗ったりして炎症を抑える

女性の多くは見た目や肌の状態などを強く意識します。草むしりなどで出たかぶれを治すにしても、できるだけ早くきれいに治したいでしょう。どうすれば早くきれいにかぶれを治せるのか紹介します。

「汗」が原因で悪化する場合がある

草むしりなどで出たかぶれを早くきれいに治すには、掻かないこと、そして短期間で治すことが重要となります。症状が悪化し長引いてしまうと化膿したりかさぶたになったりして傷跡が残ってしまいます。皮膚が滑らかに戻っても、シミができてしまうでしょう。腫れとかゆみを素早く抑えるために、かぶれの出ている患部を流水で清潔に洗い流したり、冷たいおしぼりなどで冷やしたりすると良いです。冷やすことで患部には冷感刺激が与えられます。脳が冷感刺激を感じると、かゆみの伝達が抑えられるため、鎮痒薬には、メンソールなどが配合されています。

現地で見てもらってから判断しよう

汗には様々な成分が含まれています。その多くは塩分やアンモニア分です。汗を掻くことで赤みやかゆみが出るのは、汗自体によって起こる一種の接触性皮膚炎と言えます。汗に配合されている成分に反応しているので、そのままにせず、汗を拭き取るか入浴して肌の清潔を保つことが大事です。汗掻きの人、敏感肌や乾燥肌の人、お歳を召している人などは特に起こりやすいため注意が必要です。草むしりの際は、通気性の良い服装にしましょう。

業者に依頼したお陰で助かった(35歳/OL)

かぶれが心配、以前かぶれたことがあるという人は、業者に草むしりを依頼しましょう。業者は季節問わず作業を行なっています。敏感肌の人や乾燥肌の人は、特に冬場に接触性皮膚炎である「かぶれ」を起こしやすいため、業者に依頼すると安心です。

実家の庭を手入れしているときに、かぶれが発生しました。かゆみと赤みがひどかったので直ぐに作業を中断し、後日業者に相談して依頼しました。業者の調査で分かったのが、私が触れたであろう草木にはかぶれを引き起こす成分が含まれているとのこと。草むしりは専門の業者に依頼した方が良いと感じました。

TOPボタン